読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぷろぐらみんぐ!

プログラマーを目指して勉強する大学生のブログ

if文の使い方 #5

プログラミング C言語 if文 演算子 printf 比較 ブロック

こんにちは!

 

今回は比較を行う文というところからやっていこうと思います。

 

比較と判断まとめ

・条件によって処理を変える場合if文を使う。

・if文は下のように使う。

       if  (条件式) 文;

・条件による判定を行った時、0を偽、0以外の数値を真と呼ぶ。

・真の場合のみ横の文を実行する。

・2つの値が等しいか調べるときには、==演算子を使う。(数学でいう=と同じ)

2つの値が等しくないか調べるときには、!=演算子を使う。(数学でいう≠と同じ)

・==演算子と !=演算子を等値演算子という。

・< , > , <= , >= 、を関係演算子といい、使い方は数学と同じ。

・&& , || , ! ,を論理演算子という。

・&&演算子はかつ(and)、 || 演算子はまたは(or)、! 演算子は否(not)という意味。

・{ } で複数の文を囲んでひとまとめにされた文をブロック文という。

 

一気に進みました!

if文が使えるようになるといろんなことができそうですね。

 

 次は練習問題です。

 

f:id:fujigg7:20170213204606p:plain

 

プログラム書き取り問題が難しかったです。

冬季オリンピックの年がわかりませんでした(笑)

if文の条件の部分が答えと違うのでちゃんと動くのかわかりません。

一応試した範囲では大丈夫でした。

 

今回は短いですがこの辺で終わります。

 

それでは!